サングラス

黒いサングラスの紫外線予防効果は危険で疲れやすい

更新日:

黒いサングラスは目が見えなくて見た目がカッコいいです。

ファッションで黒いサングラスをしている人もいます。

夏場の太陽がまぶしいからって紫外線防止のための黒いサングラスは危険で疲れやすい。

日焼け対策として黒いサングラスは逆効果になる。

黒いサングラスは日焼け止めに良くない

黒いサングラスは周りから見るとかっこが良いですが、目には良くないんです。

ただ黒いレンズでUV加工していないものは今すぐ捨ててください。

とても危険です。

白いサングラスは眼鏡に見えてかっこよくないです。

おしゃれじゃないですね。

なぜ黒いサングラスはダメなのか?

人間の目って暗いとことではより光を取り入れようとして瞳孔が開きます。

瞳孔が開いた状態を作り出すのが黒いサングラスなんです。

UV加工されててもレンズを通さないでサングラスの脇から入ってくる紫外線を瞳孔が開いていることで吸収しやすいんです。

 

赤ちゃんや子供には黒いサングラスは危険です。

親の無知で子供を危険にさらさないでください。

サングラスをしてても日陰にいるなどの対処しないと視力の低下などにつながります。

瞳孔が開くって恐ろしいんです。

映画館で今まで暗いところにいて映画が終わって外に出たらまぶしいって経験ないですか?

これと同じ状態を作り出しているのが黒いサングラスです。

目から吸収される紫外線

ガチガチに日焼け防止した服をまとっても目を予防していないと日焼けは免れない。

皮膚に紫外線を浴びるより目に紫外線を浴びたほうが日焼けしやすいんです。

日焼け止めクリームを塗っていても目を予防していないと日焼けしやすいんです。

ただ日焼けするだけじゃーなく疲れやすくもなるんです。

 

海水浴に行って疲れるのは目から吸収された紫外線のせいもあるんです。

海水浴帰りの運転は危険がいっぱい!

海水浴に出かけて帰りに運転する人はサングラスは必須アイテムです。

目から入る紫外線は疲れる

マラソンランナーがサングラスをかけているのはよく目にする光景です。

選手たちはまぶしいからサングラスをしているわけではありません。

目から紫外線が入ってくると疲れやすくスタミナ切れを起こすからです。

長距離ランナーはみんなサングラスをしています。

暑さで疲れるのもありますが、紫外線を浴びることで疲れるんです。

特に目は大事なんです。

その理論を知っているからマラソン選手はサングラスをしているんです。

 

他のスポーツではまぶしいからがほとんどです。

ゴルファーなどまぶしいからサングラスをかけています。

スタミナ防止のためにかけているのはマラソンランナーぐらいでしょう。

目のガードで疲れ知らず

目をガードすることで疲れないで過ごすことができます。

せっかく遊びに行くのに疲れて何もできないんじゃー面白くないです。

楽しく過ごすためにも目のガードは大切なんです。

本来は黒いサングラスは瞳孔が開いて良くないんですが、白かったらただの眼鏡ですね!

あまり紫外線の強い所に行かないのが良いでしょう。

直接太陽は見ないでください。

親がすることでどこで見ているかわからない子供がまねをするんです。

気が付いたらサングラスをして太陽を見るなんてこともあるでしょう。

もう手遅れで失明することも考えられます。

瞳孔が開いてるときに太陽の光は危険なんです。

日焼け止め効果がなくても良い

日焼け止め効果が薄れても紫外線カットが薄れても全く効果がないわけじゃーないんです。

紫外線を直接浴びる時間はなるべく短くするのがポイントです。

 

黒いサングラスってかっこが良いしおしゃれです。

なるべく紫外線の少ない場所で黒いサングラスをかけるのをおすすめします。

炎天下の紫外線だらけの場所に行くのは色の薄いサングラスにしてください。

瞳孔の開かないUVカットサングラスです。

 

だけどおしゃれなのは黒いサングラスですね!

おしゃれサングラスで良い女を演出



 

-サングラス

Copyright© 敏感肌の顔に良い日焼け止め , 2019 All Rights Reserved.