飲む日焼け止め

飲む日焼け止めは7歳以上の子供さんに飲んで欲しい!栄養補給医薬品

投稿日:

飲む日焼け止めは口に入れるものなので副作用が心配になりますが、妊娠中や授乳中のママにも是非飲んで欲しい栄養補給的な医薬品として開発されたものです。

小学生の3年生からは誰でも飲むことができます。小学校3年生と言ったら10歳ぐらいの子供です。もうとっくに大丈夫です。

子供の栄養補給の日焼け止め

小学生や中学生など学生は日焼け止めクリームが禁止のところもあります。

熱い夏場はプールの授業もありますが、クリームを塗ることができません。

特に女の子だったら気を使うママもいるはずです。

子供さんみたいに若い子は活性酸素を除去する力が元々備わっていますが、飲む日焼け止めを飲むことで更に抗酸化力が上がり活性酸素を除去します。

日焼けのシステム

難しい言葉が色々出てきましたが、肌に紫外線を浴びると紫外線が肌細胞を破壊しようとします。

その肌細胞を破壊しようとして生まれるのが活性酸素なんです。

日焼けのシステム

紫外線を浴びる→活性酸素ができる→活性酸素から肌を守るのがメラニン色素→肌の色が黒く日焼けする

この飲む日焼け止めのSIMIホワイトは飲むことによって抗酸化量が増して活性酸素と戦い活性酸素を減らしていくんです。

飲む日焼け止めの中で子供にすすめられるのがSIMIホワイトです。

子供以外でも妊娠中や授乳中のママにも栄養の為に是非摂ってもらいたい医薬品なんです。

活性酸素と抗酸化力

活性酸素ら呼吸をしているだけで生まれるものですが、その活性酸素が異常発生するときが抗酸化量が少ない時です。

抗酸化量が少ないと活性酸素に押されて活性酸素が異常発生します。

紫外線を浴びることで活性酸素が異常発生します。

その活性酸素が肌を攻撃します。

その攻撃から守ろうとメラニンが分泌され黒くなるから日焼けと言うんです。

焼き肉が火にかけて焦げて黒くなるのと一緒です。

飲む日焼け止めで抗酸化量を増やして活性酸素と戦います。

紫外線は浴びるのですが、活性酸素が抗酸化力に抑えられ活性酸素が異常発生せずに日焼けしにくい体になります。

抗酸化力によって活性酸素が少ないとメラニンも分泌されなく黒くもなりません。

飲む日焼け止めのL-システイン

飲む日焼け止めには必ずL-システインが含まれています。

第3類医薬品には240mgまでしか含ませることはできません。

SIMIホワイトは最大の240mgを含ませて爪や髪の毛といった意外なところまでツヤツヤにしてくれます。

お酒を飲む人にも朗報でL-システイン効果で二日酔いがしなくなるそうです。

子供の理科の教科書に載ってそうな名前ですが、アミノ酸なので体には良いんです。

抗酸化力を補うL-システイン

子供は比較的抗酸化力が強いとされ年齢とともに失われていくものです。

しかし紫外線を浴びることで活性酸素が異常発生することは間違いないんです。

元々備わっている抗酸化力を助けて量を増やすためにあるのがL-システインです。

紫外線は浴びますが紫外線を浴びなかったことにしてくれるのが抗酸化力です。

【日焼け対策】それはSIMIホワイトを飲むこと

飲む日焼け止めとクリームの違い

昔からある日焼け止めクリームは紫外線を跳ね返すことで日焼けしないんです。

紫外線を浴びないから日焼けもしないんです。

飲む日焼け止めは紫外線を浴びて抗酸化力の力で活性酸素を減らすことしかできません。

  • 日焼け止めクリーム
    肌に塗ることで紫外線を弾き飛ばす
    汗や水で流れ出し、いつも塗りなおさないといけない
  • 飲む日焼け止め
    クリームより効果は少ない
    体中まんべんなく日焼けを防ぐ
    肌荒れの心配もない

やはり紫外線を跳ね返すので効果は高いのがクリームです。

でもちょっとの外出や塗りムラなど避けられません。

汗をかいたら流れ出します。

日焼け止めクリーム

子供が学校に日焼け止めクリームを持って行くのも考えられません。

プール授業では絶対にダメでしょう。

汗でも流れますしプールでは絶対に落ちます。

その落ちたクリームが溶け込んだ水を飲んだほうが危険です。

体に塗るものですから危険な成分は含まれていないと思いますが、プールの端から端迄泳いだら全て落ちているでしょう。

それが欠点のクリームです。

飲む日焼け止めと併用

出来れば日焼けしたくない人は飲む日焼け止めとクリームと併用して使うのがベストでしょう。

クリームもSPF50などの効果が高い物でも薄く塗ると全く効果が出ません。

日焼け止め効果を期待してSPF50でもつけ方を間違えると意味がないということです。

子供にSPF50なんてつけるのは怖いですね!

夏でなくても日焼けはします。

日焼け止めクリームは泥やほこりを集めます。

より体に付着しやすいです。

それだったら飲む日焼け止めだけが良いでしょう。

日焼け止めクリームが塗れない子供

日頃の学校などでは日焼け止めクリームが塗ることができません。

それなら朝と晩の2回で1条ずつ飲んだほうが栄養剤にもなるので良いです。

子供やママにも良いとされているのは、知る限りではビーグレンファーマのSIMIホワイトだけです。

子供やママも飲めるんじゃなく、子供やママに是非飲んで欲しいとされているのが決定的です。

元々がママの栄養材として開発がされたものです。

化粧品メーカーが医薬品まで作ったわけがわかります。

国で許可されないと医薬品は出すことはできません。

ママも子供もSIMIホワイト


 

-飲む日焼け止め

Copyright© 敏感肌の顔に良い日焼け止め , 2019 All Rights Reserved.