飲む日焼け止め

敏感肌の女性に刺激がない日焼け止めは飲む日焼け止め

投稿日:

敏感肌なのに日焼け止めクリームを塗ることに抵抗を感じますよね!

SPF50など日焼け止めとしての性能が上がってますが、SPF50の通り効果が得られるのはそれなりに厚塗りしないとダメなんです。

敏感肌の人にはとてもできるような芸当ではありません。

敏感肌の人の日焼け止め

日焼け止めの効果を最大限引き出そうとすると厚塗りになってしまうんです。

敏感肌なのに日焼け止めのクリームを塗って肌荒れをおこしたら何にもなりません。

塗る日焼け止めは確かにバリアで紫外線をカットしてくれます。

しかしデメリットが多すぎるのも塗るタイプのクリーム状の日焼け止めなんです。

日焼け止めクリームのデメリット

日焼け止めクリームにはデメリットが多すぎます。

ガッチリ「今日は海水浴だー 日焼けするぞー」って日には日焼け止めクリームが良いでしょう。

でもそもそも敏感肌の人が日焼け止めを塗りたくないでしょう。

  • 汗で流れる
  • 水で流れる
  • 擦れて落ちる
  • 塗りムラができる
  • 細部までクリームが届かない

簡単にざっと上げてみましたが、夏の暑い時期に紫外線は多いので汗で洗い流されてしまうんです。

海に入ると水で流されてしまうんです。

そのたびに何回も塗りなおさないとなりません。

そんなことは敏感肌の人はできません。

友達や子供との付き合いで仕方なく行くときも敏感肌で肌荒れは日焼けでの肌荒れよりひどいことになるでしょう。

そもそも敏感肌の人は日焼けする場所にはいかないと思います。

紫外線が多い夏場の日焼け対策

どうしても日焼けがしたくなく夏場の暑い時に全身を包んで紫外線を浴びないようにしています。

汗だく間違いないでしょう。

どうしても全身を隠したつもりでも隠しきれていないところがあります。

何日かして日焼けしているところを見つけるんです。

敏感肌だと言って日焼け対策が着るものでカバーするのは夏場にはきついです。

チョットしたことで日焼けするんです。

日焼け対策ができない

今日は朝から草むしりでもするかって予定が決まっていればそれなりに対策はできます。

チャンと着こんで日焼け対策が取れます。

でもチャンとしたつもりでもチャンと出来てないんです。

ついつい熱いから袖をまくったり首掛けていたタオルも外したりします。

でも今日はやるぞって決めたときはそれなりの日焼け対策ができています。

ちょっとの間ベランダに出て洗濯物を干すなど、そのちょっとが日焼けするのを知らないんです。

気が付いたら日に焼けてたってことがあるはずです。

敏感肌の人にいい日焼け止め

敏感肌などでは日焼け止めクリームは塗るのに抵抗があるでしょう。

その人方を守る為に開発されたのが飲む日焼け止めです。

「ええー飲むのー」って思った人もいるでしょう。

でも7歳以上の子供さんから妊娠中のママさんや授乳中のママさんにも是非飲んで欲しい日焼け止めなんです。

妊娠中や授乳中のままにも大丈夫ってことじゃないんです。

是非飲んで欲しい栄養補給剤も入ってる日焼け止めなんです。

化粧品会社がこの飲む日焼け止めを作るために新しい会社を作り医薬品の認定を受けているんです。

医薬品でしか含ませることのできない成分があるんです。

飲むから全身隅々まで日焼け対策

日焼け止めクリームではどうしても塗りムラができていました。

でも飲むことで全身に効くんです。

髪の毛や爪など日焼けに関係ないところまでツヤツヤになったって声も上がっています。

敏感肌なので肌に塗るのが抵抗ある人は飲む日焼け止めです。

妊娠中や授乳中のママにも良い、弱い人にも良い飲む日焼け止めです。

是非進んで飲んで欲しい栄養補給の日焼け止めなんです。

◇ 飲む日焼け止めは子供も妊娠中や授乳中のママにも大丈夫?

別のサイトにありました。

敏感肌の人には飲む日焼け止めしかないと思います。

日焼け止めクリームよりは効き目がないですが肌荒れはしないし全身をカバーできます。

紫外線の少ない時期にはシミも改善してくれる優れものなんです。

敏感肌の人には飲む日焼け止め


-飲む日焼け止め

Copyright© 敏感肌の顔に良い日焼け止め , 2019 All Rights Reserved.